カミさんの実家から出てきた、ギブソンJ-45風のギター。
「どうせ安物だから捨ててもいい」と言われましたが、
弾き易く音も良いので、確保しました。



   

「木曾鈴木バイオリン」製造の「OAKLAND(オークランド)WE-30S」
ジャパニーズ・ビンテージギターとして名高いメーカーらしい。
昭和レトロなソフトケースに入っていました。

スケール(弦長)が長くて、約652ミリ。
(ギブソンJ-45は約629ミリ、マーティンDは約645ミリ、フェンダー約648ミリ)






コンタクトマイクが貼られています。一応エレアコ。





保証書が現存。(クリックで拡大)





裏の注意書き。(クリックで拡大)

「弦を演奏後ゆるめることは・・絶対におやめ下さい」というのは、
バイオリンに準じた取り扱いなのでしょうが、緩めた方が良いでしょう。

この「ギターハウス」の住所には、
現在は「フェイマス」等のウクレレで知られる「キワヤ商会」があります。



で・・後日。
近くに行ったついでに、上記の住所を訪ねてみました。



ありました。キワヤ商会。店内にはウクレレがいっぱい。

ためしに店員さんに「オークランド」について訊いてみましたがご存知なく、
昔「トムソン」というギターなら扱っていたと聞いている、とのこと。
社長なら知っているかも?と言っていました。
ちなみにトムソンも木曾鈴木バイオリン製のギター。

で・・右端に「アウトレット」という幟が立っているのが曲者でして・・。




「うら板ハガレ」って奴を5,000円で買っちゃいました。
落として壊したんだって。(なんて工場だ)





確かにはがれている。
こいつをタイトボンドってヤツで接着しました。





右がこのたび手に入れたフェイマス。
左がカミさん所有のカマカ。
2人ともロクに弾けませんので、練習しないと・・。



やだなぁ Top